営業のクラウドソーシングとは?依頼できる業務やメリット・デメリットを解説

営業のクラウドソーシングとは?依頼できる業務やメリット・デメリットを解説
Pocket
LINEで送る

今やビジネスに欠かせない存在になってきたクラウドソーシング。ちょっとした雑務から、本格的なクリエイティブまでサイトから気軽に依頼でき、ビジネスの成長を加速させてくれます。事務処理やクリエイティブを発注するケースの多いクラウドソーシングですが、実は営業も依頼できることをご存知でしたでしょうか。

今回はクラウドソーシングで営業のどんなことを依頼できるのか、メリット・デメリットがあるのか紹介していきます。営業に課題を持っている企業はぜひ参考にしてください。

フリーランス営業1万名、営業代行会社600社登録。国内最大級!営業代行のクラウドソーシングは「カクトク」
無料資料ダウンロードはこちら:https://kakutoku.jp/lp/client

営業のクラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネットを介して不特定多数の人に対して、業務委託する手法のこと。ネット上で仕事の発注・受注をしたい人を仲介するサービスのことを、クラウドソーシングサービスといいます。

業務を外部の専門業者などに委託することをアウトソーシングと言いますが、アウトソーシングが特定の専門業者に依頼するのに対し、クラウドソーシングは不特定多数の人に依頼します。

国内最大級の営業代行プラットフォーム「カクトク」

今では様々なクラウドソーシングサービスがあり、仕事の発注・受注をネット上ですべて完結することができます。運営会社に払う手数料を依頼者が払うのか、受託者が払うのかはサービスによって分かれます。

クラウドソーシングの依頼内容は主に開発やクリエイティブ、事務などの業務が多い一方で、営業を依頼することも可能です。依頼方法は他の業務と同じで、サイトで案件の募集をかけ、応募してきた人の中から実際に依頼する人を選びます。

営業のクラウドソーシングで依頼できる業務内容

ではクラウドソーシングで依頼できる営業の業務内容とはいったいどのようなものでしょうか。以下は国内最大級の営業代行プラットフォーム「カクトク」で依頼できる業務の一部です。

テレアポ、インサイドセールス、営業資料作成、DM対応といった実務的な内容に加え、トークスクリプトの作成やSFA/CRM運用や営業研修、人材によっては営業戦略策定まで依頼できる場合も。

人材を募集する流れとしては、企業が募集ページに案件詳細や報酬、希望する稼働時間を記載し公開すると、営業人材から提案が集まってきます。クラウドソーシングに登録して営業案件を探している方の多くは、ビジネス経験が豊富で人脈の広い方。営業人材が1万名以上登録する「カクトク」では、営業派遣や営業代行では出会えない営業部長層やマネージャー層も多く登録しています。

営業のクラウドソーシングのメリット

営業をクラウドソーシングで依頼することで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

営業コストを抑えられる

正社員の給与を時給換算した金額と比較すると、営業のクラウドソーシングは割高に見える場合もあります。しかし正社員の有効営業時間(会議や移動、書類作成時間等を抜いた、営業活動に費やせる時間)は1日3.5時間と言われており、1日の半分以上の時間が営業活動以外の業務に充てられています。

カクトクの場合は有効営業時間のみ契約することができるので、同じ年収レンジの人材を採用した場合、約3倍の営業生産性が見込めます。教育コストや採用コストはかからず、事業のフェーズによって起用する人数や人員構成を調整できるため、都度最適な営業組織戦略を組むことが可能になります。

すぐに成果が出やすい

一から正社員を採用する場合と比べて、クラウドソーシングでは契約後すぐに稼働してもらえるため、成果が出るスピードもその分早くなります。また人員が足りない場合も、クラウドソーシングであればすぐに増員できるため、拡大期には増員するなど、柔軟にリソースの調整ができます。

ハイスキルな営業人材に依頼できる

営業のクラウドソーシングを活用すると、自社の採用では出会えないようなハイスキルな人材に営業支援を依頼できる場合も。テレアポやインサイドセールスといった実務はもちろん、人によっては営業戦略や営業研修など、より高度な営業支援依頼も可能です。

営業のクラウドソーシングのデメリット

次に、どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

人材の質が不安定

クラウドソーシングのプラットフォームによっては、登録している人材の質がバラバラな場合も。案件を公開する際は具体的に求めるスキルや経験など、極力詳細に記載するようにしましょう。過去の稼働状況やクライアントからの評判など、精緻にデータベース化されているプラットフォームを選ぶのも重要です。

行動管理がしづらい

具体的な成果物があるデザイナーやエンジニアと比べ、営業のクラウドソーシングの場合は「きちんと稼働してくれているのかわからない」といったブラックボックス化が度々課題になります。

架電の記録を残してもらう、商談を録画してもらう、日報を記載してもらう、など、活動を透明化できるよう双方で仕組み化することが重要です。

カクトクでは独自のコラボレーションテクノロジーを活用し、ほぼリアルタイムで営業活動を透明化することに努めています。日報機能では一日の行動KPI・商談進捗を自動集計してご確認いただけます。

営業を外注するなら営業代行会社の活用もおすすめ

営業の外注を検討しているなら、営業代行会社を活用するのも一手です。クラウドソーシングサイトは副業や個人事業主が多く登録しているのに比べ、営業代行会社は営業力に自信のある、営業のプロが経営していることがほとんどです。

営業代行会社を活用する場合のメリットを見ていきましょう。

営業戦略の策定から相談できる

クラウドソーシングの場合は主に「テレアポ」「インサイドセールス」「商談対応」といった実務がメインになりますが、営業代行ではより上位の「営業戦略」や「営業体制構築」といったところから相談できるケースがほとんどです。

スタートアップのようにゼロから営業活動をしている会社では、営業戦略がないどころか営業戦略を作れる営業のプロがいないケースも珍しくありません。かといって営業戦略を策定できるようなプロを採用するには手間も時間もかかります。すぐにでも売上を上げたいスタートアップにとっては、採用に時間をかけるよりも営業代行に依頼したほうが早く確実に成果が出せるでしょう。戦略だけでなく、営業の実行まで依頼できればリスクを抑えて事業を軌道にのせることも可能です。

また、既に営業活動をしている老舗の企業にも営業戦略の見直しが必要です。今はテクノロジーの進化やライフスタイルの変化によって営業の仕方も大きく変わりつつあります。これまで通用していた営業がこれからも通用するとは限りません。むしろ、競合他社が新しい営業手法に切り替えた場合、自分たちが取り残される可能性もあるのです。

そのような場合は、一度営業代行会社に相談し、営業戦略を見直したり最新の営業手法を取り入れてみることも検討してみましょう。「何が問題なのかわからない」といったふわっとした相談にも親身になって相談に乗ってくれるはずです。

▼事例

大規模な営業体制構築がしやすい

例えば「短中長期で大量に顧客開拓をしていきたい」「●●地域に一気に拡販していきたい」といった場合は営業代行会社の活用がおすすめです。クラウドソーシングの場合一人ひとり人材を選ばなければならず、複数名採用する場合は非常に時間がかかってしまいます。営業代行会社はすでに人材を抱えているため、採用の手間が省けます。

営業代行を探すならプラットフォームで

今や多くの営業代行が活動していますが、その中から自社の課題にあった代行会社を探すのは容易ではありません。

営業代行会社600社・フリーランス営業人材1万名が登録する「カクトク」では、企業の営業課題に合わせて、最適な営業代行会社のご紹介や営業人材とのマッチングを支援しています。

営業代行会社に頼めば良いのか、フリーランス(副業)の営業人材に頼めば良いのかわからないという場合も、無料でご相談を承っていますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

過去の稼働実績や成果をデータベース化しているため、自社で営業代行会社や営業フリーランスを選ぶ手間も省力化できます。

無料資料ダウンロードはこちら:https://kakutoku.jp/lp/client

Pocket
LINEで送る